合格者の声

平成20年度
合格者の声
ここに記載した合格者は、当塾に在籍した生徒の実績のみであり、講習生などは含んでおりません。

平成20年度大学合格校および合格者一覧(敬称略)

今年度現役合格率 100%
第一志望合格率 87%
(国立)東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科H.Y(千葉東高)
法政大学生命科学部生命機能学科T.K(千葉南高校)
法政大学文学部史学科S.Y(千葉南高)
東洋大学文学部史学科
東京電機大学工学部情報通信工学科C.M(千葉東高)
東京家政大学家政学部栄養学科I.A(千城台高)
日本大学理工学部海洋建築工学科N.T(千葉南高)
千葉工業大学工学部建築都市環境学科
日本大学理工学部海洋建築工学科A.M(生浜高)
千葉工業大学工学部建築都市環境学科
東京工芸大学芸術学部F.Y(土気高校)
武蔵大学社会学部メディア社会学科O.H(千葉南高)
東京経済大学経営学部経営学科K.T(東京学館浦安高)
帝京大学経済学部経営学科
横浜商科大学商学部商学科
立正大学経営学部経営学科H.Y(土気高)
立正大学法学部法学科
千葉商科大学商経学部経営学科
聖徳大学人文学部心理学科F.K(土気高)
東海大学政治経済学部経済学科S.A(東海大望洋高)
和洋女子大学人文学部発達科学科S.N(和洋女子高)
敬愛大学経済学部経済学科U.S(土気高)

過去3年間(平成17年〜平成19年)大学合格校一覧

平成17年度
スタンフォード大学経済学部国際経済学科(千城台高)
コロンビア大学バンクーバー校経済学部国際経済学科(千城台高)
ワシントン州立大学経済学部国際経済学科(千城台高)
シカゴ大学経済学部国際経済学科(千城台高)
テキサス州立大学オースティン校経済学部国際経済学科(千城台高)
シアトル大学経済学部国際経済学科(千城台高)
ジョージタウン大学経済学部国際経済学科(千城台高)
ブリティッシュ・コロンビア大学経済学部国際経済学科(千城台高)
東北大学工学部電気情報・物理工学科(渋谷幕張高)
早稲田大学理工学部機械工学科(渋谷幕張高)
慶應大学経済学部経済学科(渋谷幕張高)
慶應大学理工学部機械工学科(渋谷幕張高)
東京理科大学工学部機械工学科(渋谷幕張高)
東京理科大学理工学部機械工学科(渋谷幕張高)
中央大学理工学部精密機械工学科(渋谷幕張高)
明治大学理工学部機械工学科(渋谷幕張高)
千葉大学理学部地球科学科(千葉東高)
立教大学経済学部会計ファイナンス学科(千葉東高)
東洋大学経済学部社会システム学科(市立船橋高)
千葉工業大学工学部建築都市環境学科(京葉工業高)
立正大学経済学部経済学科(暁星国際高)
千葉工業大学社会システム科学部プロジェクトマネージメント学科(検見川高)
東海大学海洋学部水産学科(東海大望洋高)
和洋女子大学人文学部日本文学科(市原八幡高)
千葉商科大学商経学部経営学科・商学科(暁星国際高)
平成18年度
法政大学経営学部市場経営学科(千葉南高)
東洋大学経営学部経営学科(千葉南高)
駒澤大学経営学部経営学科フレックスA(千葉南高)
東京工芸大学芸術学部アニメーション学科(千葉経済大附属高)
大妻女子大学社会情報学部社会情報学科(千葉南高)
東海大学体育学部スポーツ・レジャーマネージメント学科(東海大附属望洋高)
東京情報大学総合情報学部システム学科(千葉南高)
国際武道大学体育学部体育学科(東海大附属望洋高)
平成19年度
早稲田大学文学部(幕張総合高)
早稲田大学文学部(幕張総合高)
早稲田大学教育学部英語英文学科(幕張総合高)
立教大学文学部英米文学科(幕張総合高)
法政大学文学部英文学科(幕張総合高)
駒澤大学経営学部経営学科(市立千葉高)
武蔵工業大学知識工学部情報学群 (検見川高)
東洋大学経済学部経済学科(市原八幡高)
聖徳大学人文学部児童学科(千葉西高)
聖徳大学短期大学部保育科(千葉西高)
大妻女子大学短期大学部家政科(千葉西高)
東洋学園大学人文学部国際コミュニュケーション学科(市原八幡高)
東京成徳大学人文学部国際言語学科(市原八幡高)
千葉商科大学商経学部経営学科(千葉明徳高)
帝京平成大学現代ライフ学部経営マネージメント学科(千葉明徳高)
了徳寺大学健康科学部整復医療・トレーナー学科(市立稲毛高)
日本大学法学部法律学科(土気高)
日本大学生産工学部電気工学科(千葉工業高)
千葉工業大学情報科学部情報ネットワーク学科(土気高)
淑徳大学総合福祉学部実践心理学科(土気高)
帝京平成大学現代ライフ学部児童学科(土気高)
東京成徳大学こども学部こども学科(クラーク国際高)
清泉女子大学文学部スペイン語スペイン文学科(植草文化女子高)
東京家政大学家政学部環境情報学科(千葉南高)

合格体験記

法政大学生命科学部生命機能学科

T.Kくん(千葉南高校)

私は、法政大学に指定校推薦で入学が決まりました。指定校推薦という制度を知ったのは、高校1年生の2学期でした。その時は、自分には到底無理な話だろうな、と思っていましたが、高校で配布された「進路のしおり」によると、MARCHや学習院、東京理科大などハイレベルな大学にも応募が可能だと知り、この時から推薦での大学合格を意識するようになりました。自分は吹奏楽部に所属していたのですが、推薦で合格した先輩方が、「部活をやりながら現役で大学に合格するには、指定校推薦が一番の近道だよ。」と言っていたのをきっかけに、本格的に指定校推薦での合格を決心しました。

指定校推薦は、1年から3年1学期までの評定で決まります。中間・期末テストの点数はもちろん、出欠席や遅刻の回数も評価の対象になります。したがって、2年生のときの中間・期末テストは、特に気合いを入れて取り組みました。推薦合格を勝ち取るためには、この2年次の成績次第であると今になって実感します。しかし2年の後半から、部活がとても忙しくなり、学校のハイペースの授業に追いついていけなくなりつつありました。

3年生になってからは、最高学年ということもあり、部活の忙しさもハンパなものではなく、合宿や演奏会などの翌日にテストがあったりで、成績がみるみるうちに下がっていきました。法政大学は最低でも評定4.0以上必要で、少しでも上の成績の生徒が志望していれば、校内審査で落ちてしまいます。「自分は2年生のときは評定○○だから、今回のテストでは最低でも評定を○○とらないといけない。」とテスト前に考えてしまい、プレッシャーから全く勉強に集中できず、その結果、3年生の1学期は成績が相当落ちました。

その後、夏休みを向かえ、本来の受験生ならば勉強に力を入れて行かなければならないのですが、私は部活のコンクール練習が休みなしで、朝7時から夜7時まで毎日あり、学校から帰ったらすぐ寝ていたため、夏休みは全く勉強できませんでした。そしてコンクールも無事に9月で終了し、引退となったわけですが、まわりの友達には学力面で相当ギャップを感じました。結局10月初めに指定校推薦の一次審査に合格することができ、実質的に私の受験は終わりました。実際、審査に合格できたときは、本当にうれしかったです。また話はそれますが、私は部活を最後までやっていて、本当によかったと思います。途中でやめようと何度も思いましたが、やはり一度やると決めたことは、最後までやり抜くべきだと思います。受験勉強であれ、部活であれ、何かひとつのことをやり遂げた達成感をみなさんにもぜひ高校時代に味わっていただきたいと思います。

私の勉強方法についてですが、定期テスト1週間前になったら、駿光の自習室にひきこもって勉強していました。1週間前にならないと部活も休みにならないし、何より時間的に余裕がないので、短期集中で勉強していました。自分は以前、「毎回の定期テストに全てをかけて勉強し、良い評定をとって推薦で合格する」か「定期テストでは赤点をとらない程度で、3年の夏休みから猛勉強して一般入試に賭ける」かでかなり悩んだ時期がありました。私の場合は前者となったわけですが、どちらの場合にしても、受験対策は早ければ早いほど良い結果となります。みなさんのご健闘を祈ります。

最後に担当講師のみなさんへ。自分は駿光に中2の夏休みから高3の12月まで通っていました。今までたくさんの先生方にお世話になりました。特に数学を担当していただいた綱島先生。数VCが超絶ハイスピードに進んでいく学校の授業にとことんつきあっていただきました。おかげで数VCが大好きに・・・はなってはいませんが(笑)、とても感謝です。また英語を担当していただいた塾長。面接の練習や推薦文の添削など、英語の授業以外のことでも親身になって教えていただき、本当にありがとうございました。

東京工芸大学芸術学部

F.Yさん(土気高校)

受験勉強は、まず英語を得意科目にしたほうが有利だと思います。1・2年の基礎はしっかり固めておきましょう。いきなり入試問題というよりは長文に慣れるのに、ちょっとした英語の絵本を読んでみるというのもおすすめですよ。面接では特に自己PRを言えるように!ある学校では"5分間ずっと自己PR"というのもあったらしいので、要注意です。少しくらい間違えても、気にせずに熱弁して下さい。熱意があれば、面接官も見てくれています。一番大切なのは、「自分を信じること」です。そうすると自然に自信が湧いてきて、心の底から笑顔になれます。周りの人からの笑顔もたくさん受け取ってください。それはあなたの勇気に繋がるものなのです。あと、面接時にジェスチャーなんてのも、おすすめですよ。そのほうが熱も入るし、自分の気持ちを素直に言えるようになります。とにかく面接官に自分の熱意が伝わればいいのです。面接を楽しんで下さい!!

〔塾長・講師のみなさんへ一言〕

高校受験から大学受験まで、長い間お世話になりました。今までたくさんの先生方に支えられて、ここまでよじ登ってこれたのだと思います。自分の夢を応援してくれた先生方がいてくれて、本当に嬉しかったです。だから、ここまで夢を諦めずにこれたのだと、今改めて思います。

受験の合格も、先生方が一番喜んでくれました。将来大きくなって、夢を実現できた自分を報告できるよう頑張ります。今までありがとうございました。

法政大学文学部史学科
東洋大学文学部史学科


S.Yくん(千葉南高)

僕は高校3年間、野球部に所属していました。高校野球の練習は、僕が考えていた程あまくなく、1年生の時は練習から帰ってもテレビを見る余裕さえなかったので、勉強もテスト期間につめこんで、テストを乗り切っていました。なので、1年生時の内申点は3.3くらいでした。勉強について考えられるようになったのは2年になってからでした。世界史の授業が始まったのも2年からだったので、「2年からがんばろう」という気持ちから、世界史の授業をとくに力を入れて受けるようにしました。1学期に89点を取って、今まで80点以上なんてとった事がなかったので、「もっと点をとりたい」と思うようになり、100点をとろうと意識しながら授業をうけました。今までのつめこみで得た知識はテストが終わると抜けてしまっていたのに、100点を意識して受けた授業の知識は、ほとんど抜けずにのこっていました。そして2年の時に99点をとり、内申は全体で4.2まであがりました。3年の1学期に念願の100点をとり、内申は4.6まであがりました。

受験勉強は部活が終わってからはじめました。しかし厳しい練習をしなくてもよい夏休みになかなか慣れなくて、チームメイトと部活を見に行ったりして、長期休みの半分くらいは腑抜けてすごしてしまいました。その結果夏休み後の模試で偏差値が50を切り、焦っていたところで、塾長が毎日時間をかけて英単語を1からチェックしてくれて、長文を読むときのコツなども教えてもらってから、英語が一気に伸びました。今では、夏休みにもっとやっていればよかったと悔やみます。1日10時間以上勉強したという僕の友達は夏休みで偏差値が15上がりました。

具体的な勉強法としては、単語だけは毎日ターゲットを300語ずつ確認しました。私の場合、長文は最初のうちは全く読めなくて、つまらなくなってしまったので、先に答えのページの語句などを暗記してから長文を読んで、少なくても1日1題はやるようにしました。国語の現代文は、とにかくたくさんの問題にあたっていたら、いつの間にか解けるようになりました。世界史は覚えるべき用語が多いので、何度も一問一答をやりました。基礎を完璧にすれば、ほとんどの大学で8割程度は取れます。年号の暗記は誤答も少なくなるのでおすすめです。

また学校の授業も受験に必ず役立ちます。「学校のテストで点数を取れない奴が、受験で点数を取れるわけはない」これは僕に勉強を意識させてくれた部活の先輩の言葉です。みなさんも最後まで頑張ってください。

最後に塾長・講師のみなさんへ一言。塾長の単語チェックは本当に感謝しています。長島先生には、僕のわがままに進度を併せていただき、とても感謝しています。大手の予備校に行かなくてよかったとおもえるくらい親身に相談させていただきました。大学受験を無事に乗り切れたのも駿光アカデミーのみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。

(国立)東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科

H.Yくん(千葉東高)

私は高校の合格発表があった時から勉強とは縁を切っていたため、高校1年生の定期テストで、学年で319位というひどい結果をとってしまいました。(ちなみに受けた人数は319人です。)ここでショックを受けて立ち直ればよかったのですが、「まー・・・・どーにかなんだろ(笑)」とスルーしていました。その後、周りの人間との差はどんどん離れ、気づいた時には進学すら危うい状態でした。と、こんな感じで1年生が終わりました。

うーんひどい。

2年生になり、私より先に親が危機感を感じ、夏休みの学校の宿題を駿光で見てもらうことになりました。見てもらったのは勉強が苦手な私の中でも特に苦手な英語です。私の英語力のなさに先生方もびっくりしているようでしたが、最後までバッチリやってもらい、その宿題の確認を兼ねた学校の試験ではまさかの平均点超えでした!(いや、なんかそーんなにすごくなくね?とか思うかもしんないけど、うちの学校、英語やばいんだって!何せいきなり定期テストで早稲田の過去問とか出すからね)最初は夏休みだけのつもりでしたが、結果が良かったので10月から正式に駿光で数学と英語の勉強をしていくことになりました。

英語に関しては学校の勉強を見てもらいながら、ターゲット1900の単語テストを毎週やってもらいました。数学は先生が作ってくれるオリジナルのプリントをどんどん解いていきました。おかげで2年生の終わりには、まぁそれなりの成績がとれるようになりました!

受験を意識して勉強を始めたのは、3年の夏からでした。先生はずいぶん前から意識して勉強を教えてくれていましたが、私が意識し始めたのは上記の通り夏でした。ぶっちゃけ2年の終わりには意識するべきらしいです。したがって高3の夏はさすがに大変でした。英語は英頻とターゲットと長文を、数学はいろいろな大学の過去問を、物理と化学は重要問題集を徹底的にマスターしました。英語に関しては、単語・熟語、覚えるしかないです。覚えてないと文法の勉強もできません。毎日電車で単語を見るみたいな勢いでやらないと、案外すぐ忘れます。私は、油断してたんで思いっきり忘れました。ホント3日ぐらいで飛びます。・・・・・・・いや私の暗記能力がひどい可能性も否めないですが・・・

数学は公式だけを覚えるのではなく「その公式をどういう問題で使えるか」を知ることが大切です。駿光のテキスト、先生のプリントとチャートやっていれば問題ないと思います。物理も数学と同じで駿光のテキスト・チャートに加えて重要問題集をやりましょう。おかげで英語はともかく、数学と物理はテストで8割9割とれるようになりました。

こんな感じでやってたら、なんと国立に受かってしまいました。

担当の和田先生にはずいぶんお世話になりました。夏とか1日8時間授業してもらったり、なんかすいませんでした〜。最後まであきらめずに教えてくれて本当にありがとうございました。

日本大学理工学部海洋建築工学科
千葉工業大学工学部建築都市環境学科


N.Tくん(千葉南高)

まず、みなさんに申しあげておきたいことは、勉強とは毎日の積み重ねだということです。部活をやっている人もやってない人も、しっかりと計画を立てて日々の勉強に取り組んでください。このことに気づくのが遅くなった私はすごく後悔しました。ちょっとした時間でも毎日続ければ、後になってものすごい力となりますよ。「そんなの意味ないだろ」と思っていた自分が恥ずかしいです。この駿光では、予習が大切ですが、この予習(宿題)をきっちりとやり続けることで、必ず力になりますし、勉強への意識とリズムを得ることができました。とにかく毎日少しずつでも続けることです。気がつけば勉強が楽しく感じますよ。

自分は理系で数学と物理と英語が受験科目でした。数学と物理で大切なことは、同じ問題集を何度もやることです。「そんなの意味ないだろ」と思う人もいるかもしれませんが、これ大間違いです。だまされたと思って同じ問題集を覚えてしまうぐらいやってみてください。入試で同類の問題が出ればもちろん余裕ですし、何より応用力がつきます。ここで注意して欲しいのが問題集選びです。決してムリをして難しいものを買わないでください。難しいレベルがすんなり解けるぐらいなら、そんなに苦労せず合格できるはずです。また英語はとにかく単語と熟語を覚えてください。どんな大学でも英語が一番大切になってきます。理系では英語で合否が決まるといってもいいくらいです。単語・熟語はちょっとした時間でもできるし、やはりこれも積み重ねです。「時間に余裕がない人」は夏休みまでにこれだけでもやっておくと、あとで本当に楽です。

自分はそんなにまじめな性格ではないので、いろいろと後悔もありますが、みなさんがこれを読んで何か受け取ってもらえたらうれしいです。自分ができなかったことが書いてあると言ってもいいくらいなので、必ずやってみてください。クドいですが、毎日の積み重ねですよ!途中いろいろありましたが、塾長の励ましもあり、最後までやりとげることができました。 皆さんもあきらめないで最後までやりとげてください。

〈塾長・講師のみなさんへ〉

塾長には進路の相談で親身になって教えていただいたり、単語テストも時間がない中やってもらって、それが今では大変な力となりました。本当に感謝しています。担当講師の鈴木先生、長島先生には自分のレベルに合わせて授業をしていただきました。そのおかげで嫌いな教科もなぜか楽しくできました。みなさん、本当にありがとうございました。

日本大学理工学部海洋建築工学科
千葉工業大学工学部建築都市環境学科


A.Mくん(生浜高)

私は高校3年の7月から受験勉強を始めました。2月の本試験まで7ヶ月間しかありません。早くから始めている人と同じ量の勉強をしても追いつかないので、人より多くの勉強をしなければなりません。実際やってみて本当にキツかったです。受験勉強を始めるのは遅くても高校3年になったらすぐに始めるべきだと思います。もちろんそれよりも早いにこしたことはありません。

数学と英語はとにかく毎日やることが大事です。数学は同じ問題集を最低3回は解いた方がいいと思います。英語は単語を徹底的にやりましょう。しょせん単語が分からないと英文が読めないので、問題が全く解けません。逆に単語がわかれば大体の文意はつかめると思います。物理は公式を暗記するのではなく、意味を理解することが大事です。物理も1冊の問題集を解き、馴れた方がいいと思います。

受験勉強をしていると、やる気がなくなる時があると思います。そんな時は気分転換に遊んでもいいと思います。でも次の日からは切り替えて取り組みましょう。自分の行きたい学校に向けて、諦めずに最後まで頑張って勉強してください。

最期に塾長、横山先生、鈴木先生、古橋先生へ。3年生の7月から本当にお世話になりました。塾長には、英単語テストを毎日やっていただき助かりました。これがなかったら単語を覚えてなかったかもしれません。約半年でしたけれど、おかげで志望校に合格することができました。ありがとうございました。

東京家政大学家政学部栄養学科

I.Aさん(千城台高)

私は高校に入学してからバイトと遊びにあけくれ、進路のことはほとんど考えていませんでした。高3の夏にようやく行きたい大学を決めましたが、推薦で受かるかな〜と思い、夏期講習以外はほとんど勉強しませんでした。しかし現実はそんなに甘くありませんでした。推薦で見事に落ち、11月半ばから焦って勉強を始めました。夏期講習に参加していたおかげで、基礎はそこでできていましたので、なんとか勉強を進めることができ、第一志望校に合格することができて、本当にうれしかったです。

私は勉強を始めるのがとても遅かったので、精神的にはとても辛く、もっと早く始めればよかったなあって思いました。自分に合った勉強法やリズムをできるだけ早くつかむことが大切だと思います。そのためにもみなさんはできるだけ早く始めることをオススメします。

平成20年度高校合格校および合格者一覧(敬称略)

第一志望校合格率 89%
公立高校合格率 83%
公立高校
市立千葉高K.M(有吉中)
長生高I.H(有吉中)
O.S(誉田中)
市立稲毛高U.Y(有吉中)
I.Y(有吉中)
千葉女子高T.M(有吉中)
S.E(有吉中)
千葉西高M.S(有吉中)
千葉南高M.Y(有吉中)
検見川高I.T(有吉中)
磯辺高N.K(有吉中)
千城台高Y.Y(有吉中) 
M.R(有吉中)
土気高H.Y(川戸中)
S.R(泉谷中)
O.T(有吉中)
千葉工業高S.R(泉谷中)
大網高S.M(有吉中)
私立高校
国府台女子高M.S(有吉中)O.S(誉田中)
市原中央高(準特含む)K.M(有吉中)I.H(有吉中)
O.S(誉田中)I.Y(有吉中)
S.E(有吉中)M.S(有吉中)
M.Y(有吉中)E.S(有吉中)
N.H(有吉中)
千葉敬愛高U.Y(有吉中)U.Y(有吉中)
I.Y(有吉中)N.K(有吉中)
東海大望洋高T.Y(有吉中)
千葉経済大附属高Y.Y(有吉中)M.R(有吉中)
H.T(有吉中)S.R(有吉中)
E.S(有吉中)I.T(有吉中)
敬愛学園高T.M(有吉中)H.N(有吉中)
U.Y(有吉中)N.K(有吉中)
秀明八千代高M.K(泉谷中)
千葉明徳高S.M(有吉中)Y.Y(有吉中)
I.C(泉谷中)S.R(泉谷中)
S.E(有吉中)H.Y(川戸中)
聖徳大付属高T.K(有吉中)
東京学館浦安S.M(有吉中)M.R(有吉中)
木更津総合高I.T(有吉中)S.M(有吉中)
茂原北陵高O.S(誉田中)N.S(有吉中)

過去4年間(平成16年〜平成19年)高校合格校一覧

平成19年度入試

市立稲毛 千葉女子 千葉西 千葉南 検見川 千城台 市立船橋 土気 千葉商業 千葉工業 国府台女子 日出学園 市原中央 東海大浦安 千葉敬愛 東海大望洋 女子美術大学付属 千葉経済大学附属 敬愛学園 千葉明徳 木更津総合 拓大紅陵 愛国四街道

平成18年度入試

市立千葉 長生 木更津工専 千葉女子 千葉西 千葉南 検見川 千城台 土気 生浜 千葉商業 千葉工業 京葉工業 市原八幡 泉 日出学園 市原中央 東海大浦安 和洋国府台女子 千葉敬愛 千葉経済大学附属 敬愛学園 東海大望洋 千葉明徳 木更津総合(特待)

平成17年度入試

市立千葉 市立稲毛 木更津高専 千葉女子 千葉西 千葉南 千城台 土気 若松 千葉商業 千葉工業 四街道北 山武農業 日大習志野 国府台女子 日出学園 市原中央(準特) 志学館 千葉敬愛 和洋国府台女子 千葉経済大学附属 敬愛学園 東海大望洋 千葉明徳 拓大紅陵 植草文化女子 木更津総合 茂原北陵 千葉学芸

平成16年度入試

県立船橋 市立千葉 千葉女子 幕張総合 千葉西 千葉南 千城台 土気 四街道 千葉工業 市原八幡 生浜 京葉工業 市原八幡 江戸川女子(V類) 志学館(特奨) 市原中央(準特) 千葉敬愛 千葉経済大学附属 敬愛学園 東海大望洋 愛国 千葉明徳 拓大紅陵 文化女子 木更津総合 茂原北陵

合格体験記

千葉県立長生高等学校
市原中央高等学校


I.Hくん(有吉中)

僕は夏休みのサマーレクチャーから受験勉強を始めました。受験勉強は、はっきり言うと自分との戦いです。なぜなら、さぼろうと思えば、いくらでもさぼれるからです。受験勉強に勝つのは、頭の良い人でも、強い人でもなく、最後まで努力し続けた人間です。9月や10月に入ると勉強が非常につらくなり、急に遊びたくなります。しかしその時に頑張れるかが入試への自信に変わると思います。しかしあまりに切りつめて勉強しすぎると、逆に能率が下がるので、そういうときは少し羽をのばすとよいと思います。ゲームなど頭を使うものではなく、サッカーなど体を動かすほうがよいでしょう。

僕の場合、英語や国語が苦手だったので、英語は単語を中心に1日1回は長文問題を解き、国語は漢字を中心に勉強してきました。そして冬のレクチャーでは、もう私立入試直前ですので、毎日のチェックテストで間違えたところを100点とれるまでくり返しやっていました。そのおかげで、最後の公立直前対策コースでは、社会と理科では総合順位1位をとることができ、かなり自信をつけることができました。受験当日になると緊張してしまい、思うように問題が解けないと思いますが、状況は皆同じなので、できるだけあせらずに解きましょう。特色化はまず受からないと思った方がよいです。しかし特色化後の2週間のがんばりが本当の勝負だと思います。あと、入試が終わったら何をするかを決めるとやる気があがります。現在中2のみなさんは、今十分遊んでおいてください。そして悔いを残さずにこれからの受験勉強に取り組みましょう。

<塾長・講師のみなさんへ>

僕が合格できたのは、サマーレクチャーから今までご指導してくださった先生方のおかげです。これからの高校生活では、塾長や綱島先生に教えていただいたことを生かし、役立てていきたいと思っております。 今まで熱心なご指導ありがとうございました。

千葉市立千葉高等学校
市原中央高等学校


K.Mさん(有吉中)

私は夏休みのサマーレクチャーから、本格的に受験勉強を始めました。サマーレクチャーはとても宿題が多く、すごく大変だと思うけれど、基礎的な力をしっかり身につけられるので、すごく大事だとおもいます。

それからマンツーマンの授業では、集団では聞けない自分のできていないところをしっかりと先生が教えてくださるので、わからないところはたくさん聞いた方がより自分の力になると思います。

私自身の勉強方法についてですが、英語はとにかく単語・熟語を覚えることを努力しました。単語力をつければ、長文もだいぶ読みやすくなるので、重要なことだと思います。数学はとにかくたくさんいろいろな問題を解きました。国語は文法および読解中心に頑張りました。社会・理科は講義ノートや語句プリントをよく見直して暗記し、サミングアップや問題集を解いて、間違えた問題はその場で覚えるよう努力しました。

受験間近となった冬のレクチャーや公立直前対策の授業では、毎回実際に時間をはかってテストを行うので、本番での要領もつかめるし、実践力が付きます。また、テスト後すぐに詳しい解説をしてもらえるので、すごく力になると思います。努力すれば、必ず成果はでますので、つらいとは思うけれど、 みなさん最後まで頑張ってください。

私は駿光に入っていなければ、この高校を目指してもいなかったし、合格もしていなかったと思います。中3で初めて塾というものに入って、最初はとても不安でしたが、先生方は私のわからないところを、とても熱心に教えてくださり、すごく自分の力になりました。高校に合格できたのも、塾長、石原先生、集団授業でお世話になった先生方のおかげです。今まで本当にありがとうございました。

千葉県立千葉女子高等学校
敬愛学園高等学校


T.M さん (有吉中)

私は、中3の夏休みにいくつかの高校に体験入学をしました。その結果、千葉女子がとても雰囲気がよかったので、志望校に決めました。駿光のサマーレクチャーや国理社コースは、1・2年の総復習を兼ねているので、おすすめです。毎回の宿題が多くて大変でしたが、確実に自分の力になりました。ところが、夏休みも終わり、いよいよこれからという時に、私は急にやる気がなくなってしまいました。自分では勉強しなくてはいけないと思っていても勉強することができず、とても辛い時期でした。年が明け、特色化が近づいてくると、独自問題の対策も行わなければならず、時間的な余裕がなくなってきますので、年内に過去問はもちろん、ひと通りの勉強は終了させておくべきだと思います。私は特色化終了後、毎日塾に通って自習室で勉強していました。そのおかげで第一志望の高校に合格することができました。勉強は大変でしたが、すべて自分自身のためです。みなさんがんばってください。石原先生、長島先生、中1から3年間、長い間本当にお世話になりました。

千葉県立長生高等学校
国府台女子高等学校
市原中央高等学校


O.S さん (誉田中)

私が駿光に入ったのは、中3の9月でした。最初の面接の時、塾長が「夏が終わったのにまだ公立の過去問もやっていないのか!?」と言われた事をすごく覚えています。中3の夏が終わり、次々とやってくる模試は、思うように成績がとれず、第一志望の高校もいつもD判定でした。でも塾長が面接で、これから私がどのようにすれば成績が取れるかを細かく話してくれて、勉強をする勇気が持てました。私はその時の面接で自分に火がついたと思います。それからというものは一日一日、目標を立て問題集などを片っぱしからこなしていきました。一番苦手な数学には特に力を入れて頑張りました。1月に入ってからは、1日中勉強詰めでした。一生懸命頑張ってもすぐに成果は出ないもので、過去問を解き直してもまだ合格点がとれなかったり、毎日くやしい思いをしていました。しかし、次第に遅ればせながらも成績は伸び、模試で合格率が40%以下という判定だった私立高校にも合格する事ができました。私立3校受験して、1校は落ちてしまいましたが、「公立の特色化では絶対に負けない!!」と強い信念を持って受験に挑みました。後期私立入試から特色化までの1週間は本当に地獄のようでした。平日でも、朝から勉強。学校から帰ってきても勉強。塾から帰って午前4時までずっと勉強で徹夜の日々でした。体に悪いとわかっていても、勉強をしていないと落ち着きませんでした。でも、友人と励まし合いながら勉強していたので、眠かったですが、辛いと思ったことはありませんでした。 入試当日は、今までやってきたことを思い出しました。それが自信につながったのだと思います。そして、見事合格することができました。

私が受験を通して思ったことは、やっぱり日々の積み重ねが一番大切だということです。私も部活をやっているときは、くたくたになって帰ってくるので、勉強との両立はすごく大変でした。しかし30分だけでも宿題をやるだけで変われると思います。部活は大変ですが、その後の勉強はもっと大変です。第一志望高校を本気で目指すのであれば、今は目の前にある一問を解いて下さい。一問解き始めたら、二問、三問、そしてついには完成ということもあります。またわからない所は、すぐに先生に聞けるのもこの塾のいいところです。早めに解消してスッキリしましょう!!確かに勉強はイヤです。でもそれを乗り越えれば、目の前の一問を毎日やる習慣をつければ、きっと明るい未来があります。あとは自分を信じてこれから頑張ってください。私が合格できたのも、ひとえに塾長や石原先生が支えてくださったからです。本当に感謝しています。ありがとうございました。

千葉県立千葉南高等学校
市原中央高等学校


M.Y さん (有吉中)

私は部活が終わってから本格的に受験勉強を始めました。サマーレクチャーは宿題が多くて大変だけど、絶対自分の力になると思います。今まで理科と社会はどうやって勉強したらいいかわかりませんでしたが、国理社コースでそれがわかるようになり、理社の学力がぐーんと伸びました。あと数学はやればやるだけ伸びます。とにかく問題を解きましょう。私は英語がとても苦手でした。単語や熟語を必死に覚えたり、1・2年の復習も3年の勉強と並行してやりました。成果がでるまで時間はかかりますが、少しずつだけど力がついてきます。でももっと早くから始めた方がよかったと思いました。また苦手な教科だけを集中的にやるのではなく、得意な教科をより確実に出来るようにしていった方がよいと思います。試験前は夜更かしをしないで、しっかり睡眠をとった方が良いです。受験の時は会場が結構寒いので、カイロを持っていったり、防寒対策をしっかりしていきましょう。実際の入試では、問題文をじっくり読むことがケアレスミスを少なくするカギになると思います。平常心で受けてくださいね。

勉強はつらいし大変だけど、合格した時の喜びは今までに味わったことのないものです。来年受験するみなさん、頑張ってください!!最後に塾長・講師のみなさんへ。私が高校に合格することができたのは、塾長や講師のみなさんのおかげです。塾長は、いつも親身になって相談にのってくれました。川村先生と横山先生には勉強のポイントを丁寧に教えてもらいました。今まで支えてくださって、どうもありがとうございました。この塾に入って本当に良かったと思います。

千葉県立検見川高等学校
千葉経済大付属高等学校


I.T くん (有吉中)

僕は夏休みのサマーレクチャーでは塾の宿題をやっただけで、他に何もやりませんでした。夏休みの宿題を完璧にやっておくだけで、すごく楽になります。たとえば漢字をよく覚えておけば、入試後半で他教科の暗記にまわせます。9月になると夏期講習もおわり、ある程度自分で考えて勉強していかないといけません。僕は9月、10月で社会・理科のサミングアップをひと通りすべてやりました。9月はまだそんなに勉強に集中できません。勉強に気持ちが入らないときは、おもいきって休んで、集中しているときにやるのがオススメです。

10月・11月に理科・社会のサミングアップ2回目を行いました。同じテキストを2回はやらないと、後でものすごく困ります。みなさんも必ずやってくださいね。9〜11月で理科、社会の基本をおさえておけば、ひと安心です。理科と社会は得意教科にしよう!

ここからは、自己流なんだけど、11月〜1月は国数英の中で自分が一番好きな教科をやるのがいいと思います。社・理の基本用語(9月〜11月にやるべきことです。)が完璧な人は11月〜1月は国・数・英中心にやっていけばよいと思います。特にオススメは英語。英語をやる時は必ず文法を確認しよう。文の構造がわかれば、必ず長文が読めるようになります。千葉県の公立入試では、長文が読めると英語の点数が飛躍的に上がります。最後に塾長、横山先生、鈴木先生、今まで教えてくれて本当にありがとうございました。

千葉県立千葉西高等学校
国府台女子高等学校
市原中央高等学校


M.S さん (有吉中)

私が本格的に受験勉強を始めたのは、部活を引退した中3の夏休み頃からです。それまでの私は、部活が一番で、勉強はテスト前に塾で出されたプリントや宿題しかやっていませんでした。夏休みに始まったサマーレクチャーでは、毎日の宿題が多く、5教科分を終わらせるのに丸1日かかり、その日の復習しか手がまわりませんでした。しかし夏休みの終わりに行った月例テストや前期期末テストでは、夏休みに毎日勉強してきた成果が見られ、とても嬉しかったです。秋から冬にかけては、公立高校の過去問題集や私立高校入試に向けての対策を行いました。いずれも過去問で大体の傾向をつかみ、出題予想をしていきました。「今まで出題されていた問題が昨年は出なかった」ということもあるので、入試直前期にはよく見ておいたほうが良いと思います。これは実際の入試で経験したのですが、ある程度「山」をはるのも大事ではないかと思います。そして私立入試が終われば、第一志望の公立高校入試に向けて、勉強の毎日です。私は私立入試が終わってから、毎日少なくても3〜4時間勉強しました。特色化選抜前は過去問や類似問題を総復習しました。入試では会場に時計がなく、暖房もあまりきいてないので、カイロなどでしっかり防寒対策をして入試会場に行ったほうがよいです。私もそうでしたが、特色化で落ちて、「もうダメだ」なんて思わないで、一般入試までの2週間、あきらめずに最後までスパートをかけてください。私は特色化が終わってから一般までの間、毎日学校が終わったら塾の自習室に通い、理科・社会の暗記科目を中心に勉強していました。国・数・英に関しては、入試前にざっと見直す程度でした。受験は自分との戦いです。自分に負けてしまってはダメです。来年受験のみなさんも、最後まであきらめずに、自分を信じて頑張ってください。

塾長、石川先生、 長島先生、その他レクチャーや3科コースでお世話になった先生方。私は先生方の熱心な指導のもと、勉強に取り組むことができ、本当によかったです。最後まで支えてくださったおかげで、無事、第一志望の公立高校に合格することができました。本当にありがとうございました。

千葉県立千城台高等学校
千葉経済大付属高等学校


Y.Y さん (有吉中)

私は、部活に入っていたので、"総体"が終わるまで勉強もあまりしていなかったし、月例テストも受けられませんでした。7月に月例テストを受けて、結果を見た時は、成績のわるさに驚きました。自分が行きたいと思っていた高校には、ぜんぜんとどいていませんでした。そして、総体が終わって、夏休みのサマーレクチャーが始まりました。大変だったけど、今まで勉強しなかった分、取り戻そうと頑張りました。でも、まだ、受験生としての実感がわかず、家ではあまり勉強していませんでした。

9月になって、Vもぎを受けて結果を見た時、初めてあせりが出てきました。9月からは3科コースが始まりました。塾長の社会はとてもわかりやすく、今まで苦手教科だったのに少しずつできるようになり、勉強するのが楽しくなってきました。それでも私は塾以外ではあまり勉強していませんでした。・・・(笑)

冬休みになって、本気であせるようになりました。今まで勉強していなかったことをものすごく後悔しました。でも、塾長や先生方に励まされて、やっと本気で勉強を始めました。やってもなかなか上がらなかったり、うまく勉強できなかった時でも、先生方が私に一生懸命教えてくれる姿を見てもっともっと頑張ろうと思うようになりました。

倍率が出た時、とても上がっていてあきらめようとしましたが、塾長に「有加ちゃんなら大丈夫!」って言われた時、最後まであきらめず頑張ろうという気持ちなって、社会と理科を中心に勉強しました。社会と理科は、やった分だけ本当に上がるので、直前はこの2教科を特にやった方がいいと思います。テストを終えた時、正直「落ちた」と思いました。その時一番に塾長の顔が頭に浮かびました。発表を見に行った時、自分の番号があったのでとてもびっくりしました。友達や家族、塾の先生方が自分のことのように喜んでくれたのでとても嬉しかったです。

今まで大変なこともいっぱいあったけど、最後まであきらめないでよかったと思いました。そしてここまで支えてくれた家族や塾の先生方への感謝の気持ちでいっぱいです。私が高校受験を通して学んだことは、ふだんからこつこつ勉強することと、最後まであきらめないことがとても大切だということです。

先生方のおかげで、第一志望高校に合格することができました。成績がなかなか上がらない時など、先生や塾長に励まされて、頑張ることができました。本当にありがとうございました。この塾には、中2年の夏休みからお世話になり、たくさんの想い出も出来ました。最後まで応援してくれてありがとうございました。

駿光アカデミーに入って本当によかったです。

市立稲毛高等学校
千葉敬愛高等学校
敬愛学園高等学校


U.Y さん (有吉中)

私は、中3の夏から本格的に受験勉強を始めました。少し遅いスタートだったので、3年生になった春から準備をしておいた方がいいと思います。あと、2,3年の内申はすごく受験に関わってくるので、授業態度や生活面も今のうちにまじめにやっておいた方が得です。

私は部活もやっていたので、夏休み前まではあまり勉強はできなかったけど、夏休みで挽回しました。夏休みはサマーレクチャーがあって、1,2年の復習がバッチリできるので、たくさん勉強するいい機会です。私は、夏休みは寝る間も惜しんで友達ともあまり遊ばず、一生懸命勉強してきたので結果が出せたんだと思います。だから、サマーレクチャーや冬レクチャーはちゃんとやった方がいいですよ。それと、家での勉強ももちろんやった方がいいけど、休憩も大事です。勉強に疲れた時は、自分の好きなことをやるのが一番です!

1月になると、願書を書いたり忙しくなってきて勉強する時間がなくなってくるので、私も少し焦ったけど、少しでも空いてる時間に勉強すれば大丈夫です!あと、私は1,2月には苦手分野を中心に勉強しました。今さら5教科全部やるより、苦手な教科を中心にやった方がいいです!私立はマークシートなので、マークシートで答える問題にも慣れておいた方がいいです。また、学校ごとに問題の出し方が違うので、過去問は絶対にやっておくべきです。公立では、やっぱり勉強あるのみ!だとおもいます。特色化で落ちても、一般まで時間があるので、最後まであきらめずに苦手な教科を勉強してください。そこであきらめて勉強しなくなると、決定的に差が出ると思います。ラストスパートはあきらめずに最後まで勉強して粘りに粘ってください。

受験に勝つには、「努力」と「絶対受かるという気持ち」だと思います。2年生のみんなはまだ部活で忙しいと思うけど、志望校に受かるように一生懸命頑張って勉強してください!

<塾長・講師のみなさんへ>

塾長や先生方のおかげで合格することができました。本当にありがとうございました!!

私は、夏休みから駿光に通いはじめて、3科コースや個別の授業、冬休みも通い、自分なりに精一杯がんばってきました。先生方のおかげでここまでこれたと思っています。

先生方は優しく接してくれて、とても楽しく過ごせました。今までのことすべてにとても感謝しています。ありがとうございました。先生方、これからもがんばってください!!